MS黒騎士  モデラーズショップ  くろきし    プラモデル小売店  
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
1/72 川崎 T-4  「航空自衛隊」
会員専用ページ 
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
        
MS黒騎士 商品カテゴリ
 
1/72 川崎 T-4  「航空自衛隊」
商品詳細

1/72 川崎 T-4  「航空自衛隊」


1/72 川崎 T-4  「航空自衛隊」
1/72 川崎 T-4  「航空自衛隊」

1/72 川崎 T-4  「航空自衛隊」

川崎 T-4 “航空自衛隊”

D12
1:72


川崎T-4は、航空自衛隊の双発ジェット練習機です
航空自衛隊は、老朽化してくるT-33Aや T-1に変わる新型練習機の選択に迫られました
昭和56年度に新型練習機分の予算が認められ MTX(新型中間ジェット練習機)の計画がスタートしました
純国産機で開発されることとなったMTXは、 川崎重工、三菱重工、富士重工などの航空機メーカー3社の競合となりましたが、 昭和59年9月に川崎重工が主契約会社となりました
MTXからX-T4に改められた機体は昭和59年10月に 基本設計が三菱、富士、新明和、日本飛行機の設計メンバーを加えて開始されました
機体の基本構造は双発エンジン搭載、中翼配置、 タンデム(縦配列)コクピット配置で決定されました
初期設計からの大きな変更は、主脚装置の変更がありました。 当初T-2形式の主脚配置を予定していましたが、F-104形式に改められています
エンジンは外国製も含めて検討されましたが 最終的に国産の石川島播磨重工製のXF-3エンジンに決定され、 機体、エンジンともに国産の航空機が誕生することになりました
このエンジンは推力が1.6トンで最新技術を盛り込んだ小型ターボファンエンジンで、 このエンジンによる機体の運動性能はF-15並になっています
この他XT-4では数多くの新技術が盛り込められて開発されました
機体構造部材に複合材料を多用、 機上酸素発生装置(OBOGS=On-Board Oxygen Generating System)の採用、 デジタル・データバスの採用、リング・レーザー・ジャイロ式のAHRSの採用、 航空自衛隊では初のキャのピー破砕方式脱出装置などです
XT-4の1号機は昭和60年4月17日に川崎重工の岐阜工場でロールアウト、 同年7月29日に初飛行を行いました。 その後、4機のXT-4を使用し各種の飛行試験を充分行った後、 防衛庁に納入されました
T-4の量産機は昭和63年度に浜松の第1航空団に配備されT-33Aとの交代を行いました
その後各航空団の連絡用T-33Aとの交代も順次進み、 次の段階のT-1A/Bとの交代が芦屋基地13教団でも始まっています
これにより航空自衛隊のパイロットは、 初等練習機レシプロエンジンのT-3からジェット練習機のT-4に乗り換え、 後にF-15DJ、F-2Bへと進む合理的な訓練コースへと変わっていきます


データ
乗員:2名 全幅:9.9m 全長:13.0m(ピトー管含む),12.0m(ピトー管含まず) 全高:4.6m エンジン:石川島播磨重工F3-IHI-30 推力:1,600kg x2 標準離陸重量:5,530kg 最大速度:マッハ0.9(高度10,000m) 初飛行(XT-4 1号機):昭和60年7月29日

商品番号 1/72H00442D12T4
商品名   1/72 川崎 T-4  「航空自衛隊」
販売価格 1,296円
税別価格 1,200円
メーカー ハセガワ
通信販売用

購入数  :

1/72 川崎 T-4  「航空自衛隊」
購入数 を確認して カートに入れるをクリックしますと在庫も確認できます





 ※モニターや画像鮮度の問題により、色の見え方が実際の商品と異なることが御座いますので予めご了承下さい。

 会員の方は 注文確定の前にログイン をお願いします。

  
会員ログイン   当サイトはSSLを使用してお客様の情報を保護しております
メールアドレス
パスワード パスワード紛失
[新規会員登録]
ホームページ内の商品を検索できます。
キーワード   
MS黒騎士 商品カテゴリ